\ まずは初回限定540円でお試し!【スパリブ】/

職場で不機嫌を表に出す人の心理と対処法について|不機嫌ハラスメント(フキハラ)

このコンテンツには広告が含まれる場合があります

職場の人間関係は日常業務に影響を及ぼします。

特に、不機嫌な態度を示す人がいると、その影響は周りに広がり、仕事の効率やチームの協力に悪影響を与えることがあります。

場合によっては、特定の人だけに不機嫌な態度を取ることもあります。

特に上司が不機嫌な場合、その影響は大きくなります。

この記事では、100人の方へのアンケート結果と共に、不機嫌な人が職場に与える影響と、それに対する対処法について詳しく説明します。

不機嫌な態度は面倒に感じられるかもしれませんが、適切な対応で職場の雰囲気を改善することができます。

この記事のポイント

  • 不機嫌を表に出す人の心理とその背景
  • 不機嫌ハラスメントの具体的な例とその影響
  • 職場での不機嫌な態度に対する効果的な対処法
  • 不機嫌ハラスメントの予防と解決策に関する理解
目次

不機嫌ハラスメントとは

不機嫌ハラスメント、通称「フキハラ」とは、職場などで個人が示す不機嫌な態度が周囲に精神的なストレスや不快感を与える行為を指します。

このハラスメントは、言葉の暴力や身体的な接触がなくても、その人の表情、態度、無言の圧力などによって周囲の人々に影響を及ぼします。

不機嫌ハラスメントは、単に「悪い気分」を表すだけでなく、その態度が他人に与える影響を考慮する必要があります。

特に、職場ではチームワークやコミュニケーションが重要であるため、このようなハラスメントは業務の効率性や職場の雰囲気に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

不機嫌な人が周囲にまき散らす「フキハラ」の正体

不機嫌を表に出す人の特徴

以下、不機嫌を表に出す人の特徴です。

  • 感情のコントロールが苦手:自分の感情を適切に管理できず、小さなことでイライラしやすい。
  • コミュニケーション能力の欠如:自分の気持ちを言葉で表現するのが苦手で、代わりに態度で示すことが多い。
  • 自己中心的な行動:自分の気持ちを優先し、他人の感情や状況を考慮しない傾向がある。
  • ネガティブな思考:物事を悲観的に捉えがちで、ポジティブな側面を見ることが少ない。
  • ストレス耐性の低さ:プレッシャーやストレスに弱く、小さな問題にも過剰反応することがある。
  • 周囲への影響力:不機嫌な態度が周囲の雰囲気や他人の感情に影響を与えることが多い。
  • 対人関係の問題:他人との関係構築や維持が難しく、孤立しやすい傾向がある。

機嫌が悪い人が態度に出す心理

機嫌が悪い人が態度に出す心理は以下のように理解できます。

  • コミュニケーションの困難:自分の感情を言葉で表現するのが難しく、態度によって伝えようとする。
  • 注意や同情を求める:不機嫌な態度を示すことで、周囲からの注意や同情を引き出そうとする心理がある。
  • ストレスや不満の発散:内に溜まったストレスや不満を外に出す手段として、不機嫌な態度を取ることがある。
  • コントロールの欲求:周囲の人々や状況を自分の思い通りにコントロールしようとする意図が背景にある。
  • 自己表現の手段:言葉ではなく、態度や行動で自己表現をすることが、その人にとって自然な方法である場合がある。
  • 精神的な不安定さ:感情の波が激しく、小さなことで気分が変わりやすい。
  • 対人関係の不安:他人との関係に不安を感じ、それが不機嫌な態度として現れることがある。

これらの心理は、個人の性格や過去の経験、現在の環境などによって異なるため、一概には言えませんが、一般的な傾向として理解することができます。

不機嫌を表に出す人はハラスメント?

不機嫌を表に出す行為がハラスメントに該当するかどうかは、その行為の内容や状況によります。

単に機嫌が悪い表情をするだけでなく、その態度が周囲の人々に対して不快感やストレスを与え、特に職場環境において他者に精神的な苦痛を引き起こす場合、それは「不機嫌ハラスメント」(通称「フキハラ」)と見なされる可能性があります。

不機嫌ハラスメントは、以下のような特徴を持つことが多いです。

  • 理由もなく一方的に不機嫌な態度を取る。
  • その態度が周囲の人々に対して威圧的であるか、不快感を与える。
  • 職場などの環境で繰り返し行われ、他者の業務や精神状態に悪影響を及ぼす。
  • 特定の個人やグループに対してのみ不機嫌な態度を示すことがある。

ただし、一時的な気分の悪さや個人的な感情の表現がすぐにハラスメントとは限りません。

ハラスメントと認定されるためには、その行為が一定の基準や程度を超えている必要があります。

職場などでこのような問題に直面した場合は、適切な対応を検討することが重要です。

職場での不機嫌ハラスメントの具体例

職場における不機嫌ハラスメントは、多様な形で現れます。具体的な例としては、以下のような行動が挙げられます。

無言の圧力

上司や同僚が、明確な言葉を発せずに不機嫌な態度を示すこと。例えば、資料を無言で突き返す、深いため息をつくなどの行動がこれに該当します。これらの行動は、受け手に不安や圧迫感を与え、職場のコミュニケーションを阻害します。

電話の受話器は大きな音を立てて置く、事務所のドアは扉が壊れるんじゃないかっていうくらい強い力で閉めるなど、物にあたる。いかにも自分は怒っています、イライラしています、といった雰囲気を出し、皆を萎縮させるような態度の先輩がいました。
(42歳男性・小売・卸業)

取引先の電話が終わった後、重いファイルを机に叩き付ける、ドアを乱暴に閉じる、貧乏ゆすりをする、などの態度を取る人がいます。
(49歳女性・会社員)

自分が不機嫌である事を周りの人間に悟らせる態度を取り、腫れ物に触るような対応を受ける事に快感を得る人間がいました。
その人から人はどんどん離れて行きました。
(38歳女性・ 会社員)

同僚の方です。なにかのスイッチが入るとイライラと受け答えが粗っぽっくなったり、物にあたる、なげる、椅子を蹴るなどの攻撃的態度で周りがヒヤヒヤする場面があります。そっとやりすごすしかない場面です。
(42歳男性・医療職)

はぴ

不機嫌な態度を取られると仕事もやりづらいし、こっちもイヤな気分になりますよね・・・

攻撃的な言動

特定の人物に対して、不機嫌な口調で厳しく話すこと。この行動は、特に部下や立場の弱い人に対して行われることが多く、職場内での人間関係に悪影響を及ぼします。

普段は、機嫌よく冗談など飛ばしているのに、何かの拍子で機嫌が悪くなると、仕事の進め方への不満を超絶早口でまくしたて、圧倒される。不満のこぼし方が立て板に水なので、こちらは黙って聞いているしかない。
(58歳女性・派遣社員)

はぴ

気分に振り回されて、周りはいい迷惑です・・・

無視や避ける行動

挨拶を無視する、話しかけられても反応しない、特定の人とのコミュニケーションを避けるなどの行動も、不機嫌ハラスメントに含まれます。これにより、職場の雰囲気が悪化し、チームワークに支障をきたすことがあります。

こちらがあいさつをしてるのに不機嫌な態度で接せられ、こちらが気を遣いながら1日過ごしました。
(39歳女性・事務職)

話しかけても無視されることが多いです。またお願いごとも言い切りで気遣いがありません。
(53歳男性・会社員)

自分の思い通りに事が進まない、突然別な仕事を振られると逆上して永遠と文句を言い、最後はずっと無視された。
(40歳女性・看護教員)

ぴよ

このような行動は、仕事の効率や生産性を低下させるだけでなく、従業員の精神的な健康にも害を及ぼす可能性があるよ。

不機嫌ハラスメントは、職場環境に深刻な影響を及ぼすことがあります。

ここでは、その具体的な影響について詳しく見ていきましょう。

不機嫌ハラスメントの影響

職場のやる気低下

不機嫌ハラスメントは、職場のやる気を大きく下げる可能性があります。

ぴよ

職場での否定的な感情は、従業員のやる気に直接影響し、仕事の効率が落ちることが指摘されているよ。

コミュニケーションの障害

不機嫌な態度は、円滑なコミュニケーションを妨げ、チーム内の協力や一体感を築くことを難しくします。

ストレスと不安の増加

不機嫌ハラスメントにさらされることは、従業員のストレスや不安を増加させる原因となります。

人材の流出

不機嫌ハラスメントが続くと、優れた従業員が会社を去るリスクが増えます。これにより、組織の知識や技能が失われ、結果として企業の競争力が弱まることになります。

はぴ

あまりにも酷いと、転職を考えるのも理解できます。

法的リスクの増大

不機嫌ハラスメントは、職場でのハラスメントやいじめと見なされることがあり、法的な問題に発展するリスクがあります。企業は、従業員間のハラスメントを防止し、対処する法的責任を負っています。

ぴよ

不機嫌ハラスメントの早期発見と対応のために、定期的な従業員アンケートを実施することも重要だよ。

不機嫌ハラスメントの原因

不機嫌ハラスメントの背景には、多様な原因が存在します。これらの原因を理解することは、問題の予防と対策に不可欠です。

職場のストレス

職場での高いストレスは、不機嫌ハラスメントの主要な原因の一つです。厳しい締め切り、過度な仕事量、対人関係のトラブルなどが、不機嫌にさせる要因となります。ストレスは感情のコントロールを困難にし、否定的な行動を引き起こすことが示されています。

自分が一番仕事をしているのに評価されないことや給料が上がらないことについて不満を漏らします。さらに、自分が過剰な仕事量を抱えていると言い、私や他の同僚に無理に仕事を押し付けようとします。不機嫌になって体中からイライラを放出されるのでとても大変です。
(41歳女性 ・会社員)

個人的な問題

私生活で直面している問題も、職場での態度に影響を与えることがあります。家庭内の問題、健康上の懸念、経済的なストレスなどが、職場での不機嫌な態度の原因になることがあります。

上司が家庭の家族関係の不機嫌を職場に持ち込み、仕事の指示において明らかなハラスメント言動を私や若手社員に連発していました。
(45歳男性 ・会社員)

生理の時に機嫌が悪い、あいさつしない、不機嫌な態度をとる、嫌いな人への当たりが強くなる人がいる。
(33歳女性・会社員)

コミュニケーションスキルの欠如

コミュニケーションスキルの欠如は、不機嫌ハラスメントを引き起こす要因となり得ます。感情や欲求を適切に伝えられない人は、イライラしやすく、その結果、不機嫌な様子に表れることがあります。

はぴ

イライラしている原因を言葉で言えないからって、態度で示す人は本当に迷惑だよ・・・

職場の環境

職場の文化や環境が不機嫌ハラスメントを助長することもあります。例えば、競争が激しい環境や、感情表現が抑制される文化は、ストレスを感じやすく、それがハラスメント行動につながることがあります。

個人の性格特性

性格特性も不機嫌ハラスメントの原因となり得ます。自己中心的、攻撃的、または被害者意識が強い人は、他者に対して不機嫌な態度を取りやすい傾向があります。

同僚ですが、暑さで不機嫌、家庭で起きた事での不機嫌が多く、まわりも腫れ物に触るような扱い方です。
(40歳女性・パート事務)

これらの原因を理解し、適切な対策を講じることで、不機嫌ハラスメントの発生を減らすことが可能です。

不機嫌ハラスメントに対する個人の対処法

不機嫌ハラスメントに直面した際の個人的な対処法は、以下のように多岐にわたります。

自分を守ることを最優先する

自分自身の精神的安定を保つことです。例えば、緊張を感じた際には、5分間の深呼吸を行うことで、心の平穏を取り戻すことができます。

トイレに行く時にタブレットやガムを摂取して気晴らししたり、相手の身になって考えるよう思考を切り替えました。
(44歳男性・会社員)

感情の分析

不機嫌な人にどう反応するかを自己分析し、日記等で感情の変化を追跡して理解を深める。

他の事を考えて自分の感情をコントロールする、この人は可哀相な人なんだと思って気の毒に思うようにする。
(40歳女性・パート事務)

適切な限界を設ける

不機嫌な人との適切な距離感を保つことが重要です。会話は必要最低限に留め、プライベートな話題は避けるなどの対策が考えられます。

その人でないと分からない事以外は、話しかけない、関わらないようにして他のスタッフと協力して仕事をする。自分がミスしないように淡々と業務をする。自分の心を守るために相手の言動は無視に限る。
(44歳女性・医療事務員)

会話をしてストレス軽減

職場の先輩や信頼できる同僚などと話すことも効果的です。ストレスを減らし、問題の解決策を見つけることが可能です。

他のスタッフに相談し、ため込まないようにした。そのスタッフと接する際は顔色をうかがいながら接するようにした。
(31歳女性・家具職人)

ポジティブな自己肯定

自己肯定感を高める活動に取り組むことも、不機嫌ハラスメントへの対処に役立ちます。例えば、自分の成功体験を思い出す、趣味や運動に時間を割くなど、自己価値を高める活動が効果的です。

とにかく不機嫌野郎のことを忘れて、風呂に入って、おいしいものを食べて、映画を見て、ぐっすり寝る。
(55歳男性・会社員 )

ストレス発散のため趣味に打ち込んだ。
(66歳男性・パート )

これらの対処法を通じて、不機嫌ハラスメントによるストレスを軽減し、職場での健康的な環境を維持することが可能です。

不機嫌ハラスメントをされた時に感じたこと

100人の方に、不機嫌ハラスメントをされた時に心の中で思っていたことを回答していただきました。

内容をまとめると、以下のような回答になります。

  • 「幼稚」「器が小さい」と捉える傾向がある。
  • そのような人に対して「面倒くさい」「関わりたくない」と感じる意見が多い。
  • 不機嫌な態度を取る人に対して同情的な意見もあり、「可哀想な人」「ストレスがあるのかも」と考える人もいる。
  • 「早く辞めてほしい」「異動してほしい」と願う意見がある。
  • 「社会人として不適切」「職場でのコミュニケーションに問題がある」と捉える意見がある。
  • 「自分の感情をコントロールできない」と評価する意見がある。
  • 「自分のことしか考えていない」と感じる意見がある。
  • 「心の病気があるのでは」と心配する意見がある。
  • 「自分の機嫌は自分で取るべき」と考える意見がある。
  • 「社内での評価が低い」「尊敬できない」と感じる意見がある。

「幼稚」「器が小さい」

「お子様だな」「また、始まったな」のような諦めと慣れ。
(49歳男性・会社員 )

「面倒くさい」「関わりたくない」

面倒くさいと思うが、友達でも家族でもないためあまり何とも思わない。
(35歳男性・会社員 )

「可哀想な人」「ストレスがあるのかも」

かわいそうに、と心の中で思い存在を抹殺する。哀れな人、と思っていました。
(51歳女性・webライター )

アリんこくらい小さな存在だと笑い飛ばしている。それによって問題自体が軽く小さいことに思えてくる。
(34歳男性・会社員 )

「いつか罰が当たるだろうな、かわいそうに」と思っています。
(40歳女性・パート事務 )

家庭で子供の悩みなどが発生し、そのストレスを自分でコントロールできずに職場で発散していることから、心の余裕が無くなっている可哀想な人間だなと思いました。
(45歳男性・会社員 )

可哀想な人だな…と。きっとプライベートでも上手くいかずストレスの矛先が会社だけになっているのかと思いました。
(49歳女性・派遣社員 )

「早く辞めてほしい」「異動してほしい」

店員 早く辞めろ!この世の中から消えろ!と思っています。
(49歳女性・飲食店 )

その人がいると職場の空気が悪くなるので、その人が休みのときはうれしかったし、早く退職してほしいと思いました。
(49歳男性・スーパー品出し兼ナイトマネージャー)

仕事で大きな失敗をして辞めてくれないかなぁと思っていました。
(42歳男性・小売・卸業)

「社会人として不適切」「職場でのコミュニケーションに問題がある」

ちょっと大人げないなと思いつつ、上司からの仕打ちに悩んでいて可哀そうだなとも思いました。
(44歳男性・会社員)

いつも自分が正しいと思っているようで、自分の考えを主張するが、少し当から外れています。
こういう輩に言っても分からないだろうから、会社から追放し、社会の厳しさを教えてあげなければならないだろうと考えました。
(57歳男性・委託職員)

「自分の感情をコントロールできない」

すべての行動原理が「感情」だけの、ある意味幸せで、ある意味可哀想な人。とにかく、関わらないのが一番。
(45歳男性・会社員)

「自分のことしか考えていない」

周りが見えない、プライドが高い人だと思った。
(43歳女性・医療関係者)

他人にチヤホヤされて機嫌をとってもらわないと安心できず、精神が子供だなと思っていました。いつか多くの人に嫌がられていたことに気がついた時、どう感じるのだろうと思いました。
(49歳女性・技術員)

「心の病気があるのでは」

基本、人間としてどうなのと思いますが、体の不調もあるかもしれませんので、ぐっとこらえて忘れるようにします。
(53歳男性・会社員)

「自分の機嫌は自分で取るべき」

自分の機嫌も取れない赤ちゃんなんだなあと思っていました。赤ちゃんは成長するまで社会に出ないでほしいとも思っていました。
(45歳女性・会社員)

「社内での評価が低い」「尊敬できない」

ここまで態度が悪くなるのは逆にすごいな、とやや感心していました。「人の振り見て我が振り直せ」とはこのことか、と考え自分はこうはならないようにしようと思っていました。
(33歳女性・医療事務)

不機嫌ハラスメントへの相談窓口

不機嫌ハラスメントに直面した際には、適切な相談窓口を知っておくことが重要です。以下に、専門的な相談窓口とその利用方法について詳しく説明します。

人事部門や労働相談窓口

多くの企業では、人事部門が従業員の悩みや問題を受け付ける主要な窓口となっています。また、一部の企業では、労働問題に特化した相談窓口を設置しています。これらの窓口では、専門的なアドバイスや問題解決のサポートを受けることができます。

社内カウンセラーまたはメンタルヘルスサポート

企業によっては、社内カウンセラーやメンタルヘルスの専門家が常駐している場合があります。これらの専門家は、従業員の心理的な問題に対して個別のカウンセリングやサポートを提供します。

57 女性 宿泊施設勤務 カウンセリングを受けメンタルを強くしました。

外部の専門機関

職場内での解決が難しい場合、外部の専門機関に相談することも一つの選択肢です。例えば、労働問題に特化した法律事務所やカウンセリングセンターなどがあります。これらの機関では、法的なアドバイスや心理的なサポートを受けることが可能です。

オンライン相談サービス

近年では、オンラインでの相談サービスも普及しています。これにより、匿名で気軽に相談できるメリットがあります。専門家によるアドバイスを受けることができ、場所や時間を選ばずに相談することが可能です。

これらの相談窓口を利用する際には、具体的な状況や困っている点を明確に伝えることが重要です。また、相談内容に応じて適切な窓口を選ぶことが、問題解決への第一歩となります。

職場での不機嫌を表に出す人の心理と対処法 まとめ

  • 不機嫌ハラスメントとは、不機嫌な態度で周囲に不快感を与える行為
  • 職場での不機嫌ハラスメントには、舌打ちや怒鳴り声などの具体例がある
  • 不機嫌を表に出す人の心理には、かまって欲しい、八つ当たりしたいなどが含まれる
  • 不機嫌ハラスメントの影響は、業務効率の低下や職場の雰囲気悪化
  • 原因には仕事のストレスや睡眠不足、体調不良が挙げられる
  • 不機嫌を表に出す上司には特有の特徴が存在する
  • 職場の女性による不機嫌ハラスメントも特徴的
  • 自分にだけ不機嫌な態度を取る職場の人への対応方法
  • 不機嫌を表に出す人の幼稚な行動とその対処法
  • 不機嫌ハラスメントへの具体的対応策と個人の対処法
楽天ブックス
¥1,210 (2024/01/26 07:40時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
目次